よくあるご質問

ご質問にクリックいただくと回答が開きます。

Q. 介護保険制度ってどんなものですか。
40歳以上の方はすべて介護保険に加入し、介護保険料を納めます。
65歳以上の方(第1号被保険者)には全員に介護保険被保険者証が交付され、介護や支援が必要となった場合には介護認定に応じたサービスが受けられます。
40歳~64歳の方(第2号被保険者)でも、老化に伴う特定疾患が原因で介護や支援が必要となった場合には、介護認定を受け、それに応じたサービスを受けることができます。
この場合、65歳未満の方でも介護保険被保険者証が交付されます。
Q. 介護保険のサービスは何歳から利用できますか。
40歳から利用できます。
40~64歳の方は「第2号被保険者」となります。
「第1号被保険者(65歳以上の方)」と異なり原因が制限されます。
第2号被保険者は、老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。
介護サービスが受けられる16の疾患は以下のようになります。
  • がん(末期)
  • 関節リウマチ
  • 筋委縮性側索硬化症(ALS)
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 初老期における認知症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統委縮性
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
Q. 介護保険でサービスを利用するにはどうしたらよいですか。
まず介護認定を受ける必要があります。
介護認定を受けるには次の手順が必要です。
市町村の窓口へ申請
本人またはその家族の方が申請します。
調査員の訪問
調査員が家庭等を訪問し、介護を必要とする方の心身の状態などを調査します。
コンピュータによる1次判定
調査票および主治医等からの意見書をコンピュータにより判定します。
介護認定審査会による2次判定
どのくらいの介護が必要か審査し、認定を行います。
認定結果の通知
審査結果により、非該当または要支援1・2、要介護1~5の状態区分に認定され、その結果が記載された認定結果通知書と保険証が届きます。
ケアプランの作成
本人や家族の意見をふまえたうえで介護支援専門員(ケアマネジャー)により介護サービス計画書を作成します。
サービスの利用
介護サービス計画書に基づいて、必要な介護サービスが提供されます。
あっぷるでは申請代行も行っていますので、お近くのあっぷる介護ステーションへお電話ください。
居宅介護支援の詳細ページはこちら
Q. 一度受けた認定結果は一生有効ですか。
認定結果の有効期限は原則6か月から2年です。
引き続きサービスを利用する場合は更新手続きが必要になります。
有効期限を経過する60日前から30日前までの間に市町村担当窓口に介護保険被保険者証を提示し、更新の手続きをとることが必要です。
担当ケアマネジャーが代行することもできます。
また、有効期限中でも容態が悪化したようなときなど必要に応じて認定結果は更新されます。
Q. ケアマネジャーは何をする人ですか。
介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、要支援・要介護者本人やその家族からの相談に応じ、適切なサービスを受けるために、介護サービスを行う事業所などと連絡調整を取りながら、介護サービス計画の作成などを行います。
Q. 近くのケアマネジャーはどうやって探せばいいですか。
お住まいの地域にある役所役場の介護保険担当窓口にご相談ください。
あっぷるにもケアマネジャーが在籍しておりますのでお近くの介護ステーションへお電話ください。
居宅介護支援の詳細ページはこちら
Q. 保険料を納めているからサービスは無料で受けられますか。
無料ではありません。
介護サービスに要した費用の原則1割から2割は利用者が負担することになります。
施設入所の場合、1割から2割の負担に加え、食事にかかる費用や日常生活費は全額利用者負担となります。
利用者負担が高額になった場合には、一定額を超えた分について、高額医療・介護サービス費が支給されます。
Q. ケアプランを作成してもらうと料金はいくらかかりますか。
介護度に応じ介護保険から事業者に支払われますので、ケアプランの作成費用の個人負担はありません。
Q. 介護負担割合について教えてください。
平成27年8月より65歳以上の方(第1号被保険者)のうち、一定以上の所得のある方は、サービスを利用した時の負担割合が2割になります。
介護負担割合
Q. 自分の家とは違う息子の家にしばらく住むことになっていますが住宅改修はできますか。
介護保険の住宅改修は住民票のある住宅のみが対象となります。
住宅改修をしようとする場所に住民票が移されていれば介護保険の住宅改修の支給対象となります。
Q. 近所のホームセンターでポータブルトイレを購入しました。
介護保険の給付を受けられますか。
特定福祉用具販売は都道府県の指定を受けた福祉用具販売事業所からの購入に限り介護保険給付の対象となります。
保険給付の対象になっている品目の福祉用具であっても、都道府県の指定を受けていない事業所から購入したものは介護保険給付の対象とはなりません。(全額自己負担となります)
支給対象は要介護認定を受けて要支援1から要介護5と認定された方になります。
福祉用具とは、介護に必要な用具で利用者の肌が直接触れるもの、例えばポータブルトイレ・入浴用品・特殊尿器の交換可能部分などです。
ご購入前にご確認ください。
Q. 福祉用具を購入したいのですが、何か介護保険の補助はありますか。
あります。
ポータブルトイレ・入浴用品等は福祉用具購入として介護保険を利用できます。
また介護用ベッド・車いすなどは福祉用具貸与として利用できます。
Q. ヘルパーさんは家族の分も食事を用意してもらえますか。
介護保険では、対象となる利用者分しか用意することが出来ません。
自費サービスをご利用いただくことで提供することができます。
Q. 自宅ではなく、入所できる施設はありますか。
あります。
介護福祉施設・介護保険施設・介護療養型施設・グループホーム・有料老人ホーム等、本人・家族の状況、希望に応じて選択できます。
あっぷるではグループホーム姫路・広畑・播磨、介護付有料老人ホームがあります。
グループホームの詳細はこちら
介護付有料老人ホームの詳細はこちら
Q. グループホームとはどんな所ですか。
グループホームとは、認知症の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活する認知症対応型共同生活介護施設です。
家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送ります。
入居対象となるのは、「要支援2」または「要介護1」以上の介護認定を受けている方で、施設の所在地と同じ市区町村の住民の方になります。
グループホームは、地域密着型サービスの一つですので、施設と同一地域内に住民票がある方が対象となります。
グループホームの詳細はこちら
Q. グループホームの見学はできますか。
随時見学は可能です。
あっぷるでは姫路市内に2か所、播磨町内に1か所あります。
事前にお電話の上、ご予約ください。
グループホームの詳細はこちら
Q. デイサービスとはどんな所ですか。
デイサービスとは、介護が必要な状態になっても出来る限り自宅で自立した日常生活を送れるよう、デイサービスセンターに通い、さまざまなレクリエーションのほか、食事や入浴といった生活援助サービスを合わせて受けることができるサービスです。
閉じこもりがちな要介護者が外出して、家族以外の人と交流する機会としても有効で、介護保険サービスのなかでも高い人気があります。
あっぷるでは姫路市・たつの市・加古川市・明石市にデイサービスがあります。
随時見学受付中です。
通所介護(デイサービス)の詳細はこちら
Q. 介護付有料老人ホームとはどんな所ですか。
介護付有料老人ホームは、日常生活を送るという生活の拠点としての場所、食事介助や入浴、排泄介助などの介護サービスや居室の掃除・洗濯などの日常生活の支援、健康管理・健康相談を行います。
介護サービスは、24時間体制で施設の介護スタッフが行います。
あっぷるでは姫路市にあっぷる介護付有料老人ホームがあります。
毎月1日と17日に見学会を開催しておりますのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。
介護付有料老人ホームの詳細はこちら
Q. 小規模多機能ホームとはどんな所ですか。
介護が必要となった高齢者が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者の状態や必要に応じて、「通い」を中心に短期間の「泊まり」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。
小規模多機能ホームは、介護が必要になっても、安心して自分の家で生活することが出来る便利なサービスです。
多機能型居宅介護の詳細はこちら
Q. サービス内容が悪かったり、不満があるときはサービス事業者を変更できますか。
できます。
サービスを受ける事業者やサービス内容は自由に選ぶことができますし、途中で変更することもできますので、このような場合は我慢せず、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)やサービス事業者、市町村担当窓口に遠慮なくご相談ください。
Q. 居宅介護支援事業所や介護支援専門員は変更できますか。
できます。
サービス事業者同様変更することができます。
居宅介護支援事業所の契約書等に記載のある相談窓口に遠慮なくご相談ください。
Q. 介護保険を利用するかどうか分かりません。
相談時に氏名などの個人情報を聞かれるのでしょうか。
匿名での相談も承っております。
また、ご相談いただいた内容は秘密厳守ですので安心して何でもご相談ください。