住宅改修サービス


より安全で快適な住まいづくり

住み慣れたご自宅であっても、介護が必要な状態になると動作や移動が難しくなる場合も少なくありません。転倒など家庭内での不慮の事故を避けるためにも、身体の状態に合わせて住宅環境を整えることが必要となってきます。

あっぷるでは手すりの取り付けをはじめ、段差の解消やトイレ・浴室の改修など、あらゆるバリアフリー工事のご相談を承ります。介護保険を利用した住宅改修や手続きなど詳しくはケアマネジャーまでお気軽にお問い合わせください。


浴室

床面は滑りにくい素材のものを選び、浴槽の底には滑り止めマットを使用します。浴室への出入口、浴槽につかる(あがる)位置、シャワーで立ち座りする位置などには手すりを取り付けます。
冬場の浴室は室温がリビングなどに比べ低くなりますので、ヒートショック対策として浴室暖房乾燥機を設置することもできます。



洗面所・トイレ

車椅子を使用する場合は、奥行きを取り、膝が洗面台の下に入るようにします。収納も取り出しやすい位置や高さに変更します。
足腰、膝への負担を軽減するため和便器から洋便器に変更します。温水洗浄便器を設置すればより快適・清潔に用が足せます。スムーズに動作できる位置に手すりを取り付けます。浴室と同様にヒートショック対策として床暖房やパネルヒータなどを設置します。



階段・廊下

滑りにくい床材へ変更します。転落事故を防ぐため、階段の両サイドに手すりを設置します。廊下にはつまづきによる転倒事故防止に手すりを取り付けます。
廊下と居室との敷居などの小さな凹凸も危険になることがあるので、家中の段差を完全に無くすことが介護リフォームでは大切な条件になります。



玄関・扉

小さな段差でもつまづきの原因になりますので、玄関をスロープにして手すりも設置します。玄関のたたきから上がり框の段差を解消すれば出入りが大変ラクになります。
扉は開閉しやすい引き戸やアコーディオンカーテンに変更しておけば車椅子が必要になった場合も対応できます。


工事着工の前に、介護保険の住宅改修の対象となるかについて、担当のケアマネジャーか市区町村の窓口に相談しましょう。支給限度基準額の上限は要介護区分に関係なく20万円となっています。自己負担は1割ですので、たとえば20万円の住宅改修工事を行った場合は2万円が自己負担額となり、18万円が支給されます。


事業所一覧

あっぷる本部 介護ステーション079-288-8999

所在地〒670-0836 姫路市神屋町6丁目71
アクセス地図
FAX079-288-7799

あっぷる加古川 介護ステーション079-426-1199

所在地〒675-0026 加古川尾上町旭3丁目50
アクセス地図
FAX079-426-9699

あっぷる明石 介護ステーション078-917-1199

所在地〒673-0898 明石市樽屋町3-11
アクセス地図
FAX078-918-9299

あっぷる明石西 介護ステーション078-943-6899

所在地〒674-0092 明石市二見町東二見279-1
アクセス地図
FAX078-943-3699