行動計画

 

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

平成31年3月1日

女性が輝きながら安定して働くことができる職場環境を作るため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
  2. 平成31年4月1日~令和4年3月31日
  3. 課題
    • (1) 管理職に占める女性割合が低い。
    • (2) 職種により定時退社への意識に偏りがある。
    • (3) 育児・介護との両立についての理解促進研修の不足。
  4. 目標
  5. (1) 管理職に占める女性割合を20%以上とする。
    【取組内容と実施時期】
    以下の取り組みを通じて、女性管理職を育成する。
    • ① 男女の配置で偏りがある事業所の確認、課題の分析(R1.8月)
    • ② 研修プログラムの検討(R1.10月)
    • ③ キャリア研修の実施(R2.4月〜)
    • ④ 「メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル」の活用(R2.10月〜)
    • ⑤ メンター制度の導入(R3.4月〜)
    • ⑥ ロールモデルの設定、育成(R3.10月〜)
    (2) 職員一人当たりの月平均所定外労働時間数を2時間以内とする。
    【取組内容と実施時期】
    幹部・管理者は,以下の取組み等を通じて、職員の超過勤務の縮減に積極的に取り組み、職員が定時退社しやすい環境整備に努める。
    • ① 事務作業の効率化と見直し
    • ② 勤務の必要性の事前確認の徹底、及び超過勤務の必要がない職員の早期退社の推奨
    • ③ 自ら率先した早期退社
    • ④ タイムカード記録の確認
    • ⑤ 退社時間宣言ツールの活用(R1.9月〜)
    • ⑥ 職種別の業務棚卸シートによる見直し(R2.2月〜)
    (3) 育児休業・介護休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備として、体制の見直しを行う。
    【取組内容と実施時期】
    • ① 育休復帰支援プラン策定マニュアルの活用(随時)
    • ② 制度の周知(毎年10月)
    • ③ 相談窓口の周知と活用(毎年10月)
    • ④ 理解促進のための研修を年に2回実施。(毎年9月・3月)
    • ⑤ 男性の育児休暇取得に向けた検討会議の開催(毎年8月・2月)
    • ⑥ 育児・介護休職者向けの復職前セミナーの実施(随時)
    • ⑦ 事業所内託児所見学会(随時)

女性の活躍に関する情報公表(2019年7月現在)

①労働者に占める女性労働者の割合
社員 66.1%
短時間正社員 100.0%
パート 80.0%
活動ヘルパー 100.0%
合計 83.0%
②係長級にある者に占める女性労働者の割合
42.8%
③管理職に占める女性労働者の割合
0.0%